品質方針

IMJは、信頼される適正なマネジメントシステム認証を提供することにより、依頼者、その顧客及び利害関係者にとって価値を創出し、不可欠な社会資本の一部となり、その発展に寄与することを究極の目的とする。このため以下のことを実施する:
1. 公平な認証のため、認証活動における利害を明確にし、必要な管理をし、常に客観性を維持する。
2. 信頼される認証のため、力量が満たされた審査を行う、また、適切な機密保持を行う。
3. 認証機関として、認証の決定の根拠となる、十分な客観的証拠を評価する責任を持つ。
4. 透明性を維持するため、認証について関係者が適切な情報を使用できるようにする。
5. 関係者からの苦情には適切に迅速で効果的な対応をする。
6. 関連する全ての法規制要求事項を遵守する。
7. この品質方針がIMJの全ての役職員に理解され、実施され、維持されることを、あらゆる機会を通して徹底する。
8. この品質方針の実現のため、IMJ自らのマネジメントシステムを定期的にレビューし、継続的な改善を行う。

2012年1月10日
アイエムジェー審査登録センター株式会社
代表取締役 社長 大前 昇