あなたの製品やサービスに
グローバルスタンダードという品質を

「国際標準化機構(ISO)」が、顧客や社会の要求を満たす、製品やサービスを届けるための仕組みについて定めた、世界共通の規格です。いわゆる、世界中の英知が積み込まれた、企業が更に良くなっていく方法、すなわち、満足される製品やサービスを常に提供できる仕組みを構築し、一層の顧客満足を目指すシステムのことです。

ISO 9001の必要性

顧客や社会は、さまざまな要望を持っています。その要望に応えられれば、顧客や社会からの満足度が高く、信頼される企業となるでしょう。「信頼される企業のサービスを受けたり、製品を購入したりしたい」、顧客ならばそう考えることは当然です。そのためには、必要な人材、ルールや手順などを、どのようにしたら良いのか、というしくみを構築することで、さまざまな要望や期待に応えられるようになります。更に企業の発展を推進するツールとして、重要視されています。

ISO 9001 認証取得のメリット

01 社会的信頼を得ることができる

ISO9001を認証取得しているということは、企業が自社のルールを守り、顧客の立場に立って考え業務を遂行しており、自らの力で体質改善を図ることができる企業である、ということが、社会的に認められた企業です。また国内外を問わず、購入先に要求された取引条件に対応できる、ということに対し国際的なお墨付きを取得できたということでもあります。

02 顧客に対する意識が向上し、発展する企業風土が形成できる

組織内での役割、責任、権限が明確化され、経営方針の徹底とPDCAによるマネジメントシステムの運用で、「継続的改善」を行う企業風土が形成されます。また、経営者や従業員の顧客に対する意識が向上し、発展していく企業風土が形成されます。

03 社内コミュニケーションの促進、業務の効率化

社内の手順やルールを見直すシステム構築により、時間や作業工程の無駄が省けるので、誰もが同じ手順で作業ができ、生産性が上がります。また、目標を達成するための、組織内で情報のやりとりが求められており、部門間や部内でコミュニケーションを活発させ、意思疎通を促す効果があります。品質マネジメントシステムは、他の環境・情報・労働安全衛生などの規格と同様に、経営上の重要な分野であり、このマネジメントシステムを構築し運用することは組織の利益及び利害関係者の信頼を得るためにも有効です。