安全な道路交通への意識は
必要不可欠です

「国際標準化機構(ISO)」が、企業や団体などの組織が事業活動を行う際の、"道路交通事故による死亡や重大な負傷をゼロにする"事を目的に、幅広い道路交通安全への取り組みとして、2012年10月1日に発行された世界共通の規格です。道路交通安全は、道路の構築、管理から、道路の利用、車両の製造など道路交通にかかわる多様な組織、人々の活動や行動により達成されます。道路交通安全の成果を示す指標 RTS Performance Factors(RTSパフォーマンスファクター)規格で達成度を示すシステムとなっています。

ISO 39001の必要性

組織の活動において、移動、物流などで道路交通を使用することが不可欠となっています。組織の活動における交通事故の影響は、事業活動にも多く経済的、イメージダウンなどの損失を与えております。死亡事故を減らすことは当然のことですが、事故による被害者へのダメージを低減させることも必要とされます。ISO 39001を取得している組織は、「交通事故低減に貢献する組織」として、国際的に認められているとみなされます。

ISO 39001 認証取得のメリット

01 道路交通安全の確保

道路構造、交通運用、車両の運行などから道路交通安全にかかわるリスクを抽出し、対策を実施することで、交通事故の防止、事故によるダメージの低減などをシステマティックに実施し、道路交通安全を確実に確保します。

02 社会的な信頼

道路交通安全にかかわるトップの責務として法規要求事項を遵守することの重要性の周知が強化され、確認するシステムを組織に構築することで、組織による法令違反のリスクを低減する事ができます。結果、法規制要求事項を確実に遵守していることについての社会的な信用やコンプライアンスの向上につながります。

03 経済的損失の低減

ISO 39001を効果的に運用していることで、交通事故による人的、物的、時間的な損失や、道路交通に関わる設計、車両や物品の製造にかかわる瑕疵にアッ変わる賠償責任などの経済的な損失を低減させることができるようになります。

04 継続的な改善

定期的に実施される審査プロセスにより、環境上のパフォーマンスも併せて継続的に監視し、改善することができます。また現在のリスクだけでなく、将来の環境リスクもマネジメントし、改善する事ができます。
品質・情報・環境・労働安全衛生などと同様に、道路交通安全も経営上の重要な分野であり、このマネジメントシステムを構築し運用する事は組織の利益及び利害関係者の信頼を得るためにも有効です。

05 認証取得の対象組織

道路の設計構築、道路を利用した運送の運行、車両・交通安全器具の製造など、道路に関わる業務活動があれば、どのような組織でもISO 39001を活用することができます。取得の例では、高速道路会社、道路の管理会社、運輸関連会社などがあります。幼児や老人介護での送迎、コミュニティ交通など社会的使命の高い交通手段を利用されている組織の取得もお勧めいたします。