提供する学習サービスの明確化と
事業者としての基盤整備を

学習サービス事業者(学習塾、語学教室、職業訓練機関、研修事業者等)にとって、受講者のニーズや期待を把握しながら、専門的な学習サービスを企画、開発および提供する仕組みは重要です。ISO 29990は学習サービスに関する国際規格であり、「非公式教育・訓練における学習サービス事業者向け基本的要求事項」です。ISO 29990の目的は、質の高い専門的な学習サービスの実践と運用のための一般的な仕組みを、学習サービス事業者客に共通の基準として提供することです。

ISO 29990の必要性

一般的な学校教育と違い、専門的な学習サービスは、その内容や形態が種々多様であるので、運営や学習サービスの品質に関する基準は標準化されていません。ISO 29990の導入により、受講者・参加者のニーズや期待を把握し、専門的な学習サービスを提供する仕組みを確立することによって、学習サービス事業者としての信頼を得ることができます。

ISO 29990 認証取得のメリット

01 受講者・参加者からの信頼性向上

受講者・参加者のニーズや期待を把握しながら、専門的な学習サービスを提供できるような仕組みを確立し、確実に運営していくことによって、受講者・参加者からの信頼性が向上します。また、組織の運営方針を明確化することで学習サービス事業者のブランドイメージの確立が期待できます。

02 モチベーションの強化

非公式教育・訓練・人材育成の企画、開発、提供に関し、質の高い専門的な業務及びパフォーマンスの為の仕組みを提供することによって、継続的に質の高い学習サービスを提供する組織体制が構築されます。多様化する学習サービスへのニーズを的確に把握し、プログラムへ反映させることで、講師や受講者・参加者を評価するための仕組みは、モチベーションの強化に繋がります。

03 学習サービスの差別化

国際的に認知度の高いISO標準に基づいた学習サービスを運営していることによって、提供するサービスが国際基準のもと継続的に受講者ニーズを把握してサービス品質を改善していることをアピールできます。これは、学習サービス事業者にとって、競合他社との差別化ポイントにもつながり、競争優位を築くことができます。