組織全体で
情報セキュリティ管理能力の強化を

「国際標準化機構(ISO)」が、組織が保有する情報にかかわるさまざまなリスクを適切に管理し、またリスクを適切に管理しているという信頼を利害関係者に与えるための仕組みについて定めた、世界共通の規格です。情報資産の「機密性」、「完全性」、「可用性」をバランス良くマネジメントすることで、組織はリスクを適切に管理することができます。

ISO 27001の必要性

企業への標的型サイバー攻撃やウィルス(マルウェア)感染による情報漏洩・破壊の防止など、情報セキュリティ対策は企業の重要な経営課題です。ひとたび情報漏洩・破壊が発生すれば、経営の根幹を揺るがす問題に繋がる可能性があります。また、マイナンバー制度がスタートし、個人情報を守ることは企業の社会的責任でもあります。これらの対策として、ISO 27001認証の取得をする企業は増えています。

ISO 27001 取得のメリット

01 社会的信頼を得ることができる

ISO 27001を認証取得しているということは、「情報を守る事が出来る企業」という証拠であり、取引先条件において有利になる場合があります。近年では行政機関の入札条件としてもISO 27001取得企業が条件として提示されることも多く、一部の業界において、取引条件にISO 27001認証取得を明記している企業も少なくありません。ビジネスを営む上で、今後ISO 27001取得が必須になることが予想されます。

02 大切な資産を守ることができる

ISO 27001はリスクマネジメントプロセスを採用することによって、情報資産の機密性、完全性、可用性を保護します。情報資産を保護するための各管理者の責任・権限を明確にし、適切な人員、適切な配分による管理体制が作り上げられます。また、情報セキュリティ対策は、環境、法規制の改訂などの外的要因により常に変化します。ISO 27001の管理策を利用することにより、漏れの無い情報セキュリティ対策を導入することが可能となります。

03 セキュリティ意識の高い企業風土を醸成することができる

社員ひとりひとりの意識改革なくしては、情報資産を守る組織体制はできません。情報セキュリティ事故の多くは、担当者の意識の低さが原因となっています。ISO 27001認証の取得・維持は、経営者・管理者だけでなく、従業員ひとりひとりの情報セキュリティに対する意識を高め、コンプライアンスに対する責任感とモラルを向上させます。

04 リスクに対する経営力を向上させることができる

リスクアセスメントを実施することにより、リスク対応すべき領域に対して費用対効果を意識した対策を行うことで、適切な投資を導くことができます。万が一情報セキュリティ事故が起こった場合でも、管理策を適用することにより、被害を小さくし、ビジネスリスクを最小限に抑えることが可能です。また、リスク低減のための管理策の知識・技術は、お客様のニーズを把握した上での新規提案やサポートの提供に活かせるなど、顧客満足を高めるために活用することができます。